佐久アムシネマ 連日話題の映画を8スクリーンで上映中

施設紹介

アムシネマの8スクリーン設備の紹介

アムシネマで採用している音響は、2014年現在1種類です。

劇場 席数 音響システム
Cinema 1 159 デジタル5.1ch
Cinema 2 100 デジタル5.1ch
Cinema 3 110 デジタル5.1ch
Cinema 4 96 デジタル5.1ch
Cinema 5 96 デジタル5.1ch
Cinema 6 142 デジタル5.1ch
Cinema 7 226 デジタル5.1ch
Cinema 8 72 デジタル5.1ch

※全館カップホルダー付き大型座席(前後間隔115cm以上)

注意事項

※館外からの飲食持込はお断りいたします。
※入場時にカメラ・録画・録音機器等のお荷物チェックをさせていただく場合があります。
※場内での撮影・録音等の行為は著作権法により禁止されております。
そのような行為があった場合は法律により罰せられます。
※場内での携帯電話の使用は禁止となっております。
使用を発見した場合は理由の如何を問わず退場していただきます。
その場合料金の払い戻しはいたしません。

5.1ch (ドルビーデジタル/DTS )

アメリカのサンフランシスコに拠点を置く、ドルビー研究所の音響システムです。 5.1チャンネルデジタル方式として、1991年に発表されました。

ライト/センター/レフト/ライトサラウンド/レフトサラウンドの5チャンネルと、重低音専用のサブ・ウーファーを0.1チャンネルとする、5.1チャンネルのデジタル方式です。

映画館やシネマコンプレックスでは、設備が規格に対応しているかを表記している場合も多く、日本国内の映画館においては、9割以上の劇場で再生が可能なデジタル音響システムである。

toTop